娘の養成が垣間見えた、生まれ

今年の誕生日は嬉しい出来事がありました。

ビジネスから舞い戻り、宅配を通してきた原料を冷蔵庫に入れようというドアを開けると、中にスウィーツが2つ。

これはおそらく、上の乳幼児(ハイスクール)から我々への誕生日贈与か?と思い、当事者から相談に見つかるまでは気づかないふりをしようと思っていたポジション、下の乳幼児(中学)から、「ロールケーキは自身からだよ」という。

細かく聞くと、私の贈与にパフェを買ってきた上の乳幼児から「今日は母ちゃんの誕生日だけれど、何か買ったか?」というそうです。

少しケチな下の乳幼児は「買わないと母ちゃんに怒られるし…」と当事者なりに考えを遣いながら買ってきてくれたとの事。

贈与を買ってきてくれた案件よりも、その構造が有難くて、嬉しくて。

無気力、無関心な上の乳幼児が我々に考えを遣い、弟にまで声を掛ける言動なんて常々ないので、その動向に驚異。

下の乳幼児に対しても、母ちゃんに怒られるから…は余計だけれど、我々や兄への手加減を出来る様になったなんて、実際嬉しく、感動した毎日でした。

コメントは受け付けていません。